思い・感じること

魂の願いにたどり着くには

前記事に書いた恐れですが
人間ですし、恐れはあります。

ただ自分の道をぐんぐん進む人は
望みのために成長のために
通る道だと思ったなら
「嫌だ」「大変だ」「つらい」
と言いつつやっています。

すると何らかの展開があるので
自信がついて
次第にワクワクするようになります。

楽しいことも悲しいことも
同じになっていって
どんなことも「どうやろうかな~」と
ワクワクするようになっていく。

これでまたワクワク段階が上がるわけです。

前記事で書いた
嫌だと思うほうへ進まない~というのは
彼らは嫌なこともやっているんですが
意識が違うのでワクワクしてやっていて、
結果的に嫌なことはやってないといえます。

 

魂の願いはこの繰り返しで
たどり着くのだと思います。

魂の願いは人生を生きるうちに
これかも?というものがチラッと見えて
苦手なものにも向かいつつ
掘り下げるともっと見えてきて
実は掘り下げてたこと自体が
願いを叶えていたことだったと気づきます。

私がこのお仕事をしている理由の一つは
魂の願いを叶えたい人が増えると
楽しいと思うから。

魂の願いは
誰からもどんなことをいわれても
何も感じません。
ゆるぎないのです。

ハートで確信して実行するので
喜びに満ちています✨

 

願いがなんなのか
最終的にわかるのは
自分でないとできません。

私は方向性をお伝えしたり
進みやすくなるワークで
サポートさせていただいています。

私自身、方向を示してもらったり
助けてもらった人々やものごとを
最近思い出して温かい気持ちになりました。

自分だけでがんばる!という
修行的な頑なさがありましたが
それでだいぶ取れたなぁ。

最後の最後は自分しかないのですが
思いきってヘルプをもらうことで
開けたのも事実です。

 

そういえばふと思い立って
過去ブログをまとめていたら
自分の言葉に助けられました。

こうして書いていることが
また未来の自分を助けたりして。

 

ワクワクにはいくつかの段階があって
魂の願いにもつながっている
というお話でした。

 

★一斉ワーク「記憶の鎖解除」★
1/24(金)15:00申込&振込締切です。
気になる方はぜひどうぞ。